2018年2月8日木曜日

2/7 2頭で跳ねまくり!

風、波共にややありますのが、島民の方とホエールウォッチングヘ、

午前中のクジラは、数は変わらず多いものの、どれものんびり、
しかし、午後遅くなって風が強く、
波も高くなってきてからが凄かった!







やや小柄なクジラが2頭揃ってのブリーチング大会がスタート!
風、波共に上がってきて、しかも荒れている方向へ進んで行くので、
ついて行くこちらも、波しぶきをかぶりながらでしたが、
ボートのすぐ近くでバンバン跳んでくれました。

30分以上経過しても、まだ跳ねています。





最後にはテールスラップも



一時間経ってもまだ跳んでしましたが、
もう先に進めないほどの海況になってきて、終了となりました。

海況が悪い時のウォッチングはハードですが、
クジラの行動が活発になることが多いので、
こんなシーンを見られるチャンスなのです。

本日はドックが終了したおがさわら丸が入港、
久しぶりの、本土からのゲストと海に出てきます。

2018年2月5日月曜日

シロワニも沢山!

また海況が悪くなり、先週は一度しか海に出られませんでした。

この時期はクジラ中心のツアーが多くなりますが、
ダイビングの一番の見どころは、二見湾内エダサンゴの
水深30m付近に集まるシロワニです。
天気が良かった先日、様子を見に行って来ました。

エントリーすると透明度もよく、一面のエダサンゴが、



20m位までの水底は、このサンゴが群生しています。

−35mにある沈船目指して降りて行くと、深場は濁って、
透明度は三分の一位に、シロワニは5匹いました。



かなり深いので、長時間は無理ですが、
シロワニの動きはゆっくりなので、
無理に追わずに、慎重に近寄れば目の前で撮影出来ます。

時間ギリギリまで撮影して、20mまで深度を上げると、
透明度も良くなり、そこにも2匹が、




内1匹は、口元から釣り糸が!
外してあげたいところですが、さすがにどうにもなりません。

最後はまたサンゴに戻って、安全停止を兼ねてゆっくりしてエキジットです。

ボートが発着する岸壁から1分ほどでこの光景!
外海が荒れても、ここは潜れることが多いので、この時期は貴重なポイントです。

シロワニが見られるのは3月頃まで、
ザトウクジラと共に、まだしばらくは楽しめますよ。

気温20度 水温21度 透明度10〜20m

2018年2月2日金曜日

2/1 久々に穏やかでした!

昨日は久しぶりに穏やか、
島民ゲストの方とホエールウォッチングに行ってきました。

湾出てすぐにクジラのブローがあちこちに、
相変わらず数は多いです、
ボートに寄ってきた2頭をゆっくり、




スマホでも撮れる位まで、何度も近寄ってきました。




あちこちでブリーチングも見られましたよ!


午後は雲が広がってしまいましたが、
兄島瀬戸の入り口付近で親子クジラを





生まれたばかりの子クジラが、水面でゴロゴロしていて可愛らしかったです。


クジラの多さは変わらずで、港から10分以内の範囲でも
10頭以上は楽に見られています、
今日は低気圧の通過でまた荒れてきましたが、
穏やかになったら、また出て見たいと思います。