2017年8月20日日曜日

8/18〜20

凪の日が続きます!

18日は父島周辺、水面水温は驚きの30度、透明度は40m近く!
この極上な中で、水中イルカにアオウミガメ




ドブ磯はイソマグロやギンガメアジもいましたが、
水面のコバンアジが綺麗!


19日はケータ嫁島へ、
イソマグロはまだ100匹近くいました。





ドルフィンスイムもバッチリ


出港日午前中は閂ロック、ギンガメアジにアタック!


また充実の3日間でした、
明日はゲストが入れ替わってまたケータです。

気温30度 水温24〜30度 透明度20〜40m

2017年8月18日金曜日

8/14〜17 2日連続でケータ、マッコウクジラまで!

この4日間は凪になりました、リピーターの強者揃いのメンバーで、
群れ&大物ポイントを攻めまくり!

14日は父島周辺、ドブ磯2本に巽の浅根へ、
イソマグロ、ギンガメアジ、ツムブリ、
水面近くのコバンアジ大群も綺麗でした。


15日はケータ北の島へ遠征、
コクテンカタギ、何千ものクマザサハナムロの大群、
最後に水中イルカ!動画でどうぞ。


エキジット後にも、このイルカとドルフィンスイム、
2本目の聟島平根でも、ダイビング中にイルカに会えました。

16日はケータ嫁島、一本目のブンブン浅根では魚群爆発!

特にヒレナガカンパチとナンヨウカイワリの混合群が凄かった!

マグロ穴のイソマグロも100匹以上


この日も合間にドルフィンスイム


帰りは西へ大きく迂回してマッコウクジラの海域へ、
10頭以上のマッコウクジラが見られました



出港日午前中は閂ロック、
ギンガメアジが凄い!



いやはや、もう何も言うことありません、
夏の小笠原、本領発揮の4日間でした。

気温30度 水温26〜28度 透明度30m


2017年8月12日土曜日

8/10〜12

お盆のピークがスタートしました。
ベタ凪とまでではありませんが、西側のうねりも落ち着き、
ケータ方面への遠征も出来ました。

10、11は父島周辺で、
12日はダイビング中にイルカ!




その他イソマグロ30匹位の群れ、アオウミガメ、
ハシナガイルカの群れも見られました。





12日は久しぶりにケータ嫁島へ
マグロ穴のイソマグロは100匹以上!



コーラルガーデンのホウセキキントキの群れも良かったです。



気温30度 水温24〜26度 透明度20〜30m

2017年8月10日木曜日

8/6〜9

南西の強い風に加え、台風5号のうねりが今になって大きくなり、
西側のポイントはほぼ壊滅、東側は穏やかなので、
この4日間は、東側オンリーのポイント選択になりました。

東の横綱ポイントと言えばドブ磯、
2日間入りました。




イソマグロ、ロウニンアジ、ネムリブカ等の大物に
水面近くのコバンアジの群も綺麗でした。

その他のポイントでは魚群をじっくり撮影、
アオウミガメも近くで見られました。






巽湾ではハシナガイルカの群れ、


海況悪く、ケータ遠征は叶わず、ポイントも限定されましたが、
何とか小笠原らしさを楽しんでいただけました。

気温30度 水温24〜26度 透明度20〜30m

2017年8月7日月曜日

8/3〜5

心配された台風のうねりもそれほどでもなく、
晴天の中、ダイビングもイルカも楽しめました。

久しぶりに凪の中でのハシナガイルカの群れ、
50〜70位はいました。


所々うねりの影響で濁っていますが、
良い所は透明度も30m以上、
根魚の多いサンゴ礁から、大物ポイントまで、
イソマグロ、アオウミガメ、マダラエイ、
ドルフィンスイムも2日間出来ました。







気温30度 水温25〜27度 透明度20〜30m

2017年8月2日水曜日

7/29〜8/2

心配された台風5号は、大きな被害もなく通過、
海に出られなかったのも7/29、30の2日間のみでした。

東風だったため、西側は思ったより穏やか、
7/31、8/1は2日連続で閂ロックヘ、






ギンガメアジ、イソマグロ、マダラトビエイ、マダラエイ
ウシバナトビエイ、アオウミガメ、更にはハンマーヘッドまで!
8/1は、後半の砂地でイルカも登場!




台風迫る中、諦めずに来てくれたゲストには、
最高のプレゼントになりました。

所々濁りが入ってきていますが、綺麗な所は透明度も30m以上、
ツバメウオの群れも沢山、



ニラミハナダイの子供もまだ浅い場所にいます。


2日東京発のおがさわら丸も通常運行となり、一安心ですが、
西側に台風のうねりが入り始めて、
明日からのダイビングは、ポイント選びに苦労しそうです。

気温30度 水温24〜26度 透明度20〜30m