2016年9月25日日曜日

9/22〜24

東風がビュービュー!
少し沖へ出るとボートで走るのも辛い状態で、
主に島影ポイントでのダイビングになりました。

ひょうたん島のシコンハタタテハゼが2匹に、
新たに現れた小さい方の個体は、警戒心が薄く、
かなりじっくり撮れます。



最近好調な「タコ岩」、
前回の巨大ロウニンアジがまた登場!
今回は2匹見ることが出来ました。

これも2m位ありました


ウシバナトビエイ狙いの閂ロックは残念ながら群れは見られず、
ギンガメアジ群れとマダラトビエイは見られました。



あまりに風が強いので、湾内海洋センター前でも一本、
なんとシロワニが登場してくれました!

撮影:木原さん

最近居着いている「西島北」のツバメウオの群れ



イルカは風が強くで限られた場所しか探せず、
残念ながら出会えませんでしたが、
大物から小物まで楽しむことが出来ました。

気温30度 水温26度 透明度20m

2016年9月18日日曜日

9/15〜17 トビエイ&ユウゼン玉!

東風が強いですが、台風のうねりも少なく、
穏やかな西側で潜っていました。

当たり外れが激しいポイント「タコ岩」
最近は好調、16日は巨大なロウニンアジ


閂ロックのウシバナトビエイ群れ、
15日と17日に入りましたが、両日とも30枚ほど見られました、



このまま定着してくれるといいんですがね〜


ブンジロ浅根のスジクロハギ&ユウゼン玉も見られました




これも今後要チェックです。

透明度も抜群で30m!水温28度と極楽コンディションです。
トビエイの群れにユウゼン玉と、秋のメインメニューが揃ってきました。

気温30度 水温28度 透明度30m

2016年9月13日火曜日

9/8〜10 ケータ&マッコウ

海況、透明度共に安定してきました。

8、9は父島周辺で、主に群れ&大物狙い、
ギンガメアジの群れ

イソマグロ、ギンガメアジ、ネムリブカ、マダラエイに
ノコギリダイ&アカヒメジの定番魚群、
北一つ岩のアジアコショウダイ玉が見事!
これも秋ならではなので、撮影したらまた紹介します。

10日はケータ嫁島へ、
マグロ穴のイソマグロの数は5匹のみと今季終了の模様、
カスミアジにカッポレ、ゴマデングハギモドキの群れ、
ホウセキキントキの群れが良かったです。

合間にはドルフィンスイム


スムーズに終わって海況もまずまずなので、
帰りは西へ迂回してマッコウクジラを探しながら、
5頭のマッコウクジラに会うことが出来ました。



ケータのイソマグロは終わってしまったようですが、
透明度&水温は安定して高く、魚影も濃いです、
マッコウは今後も海況が良ければチャレンジしますよ!

気温30度 水温26〜28度 透明度20〜30m

2016年9月5日月曜日

9/2〜5

8月の終わりは台風10号の影響でしばらく海に出ていませんでしたが、
9/2より新しいゲストと共に潜ってきました。

直撃でははなかったものの、海中は岩やサンゴがあちこちひっくり返り、
透明度も白濁りが残って10〜15Mほど、
水温は低い所で24度まで下がっていました。

ミナミイスズミ群れ、
どこにでもいますが、これだけ群れるとなかなか見応えあります。

閂ロックのギンガメアジ
イソマグロもまだまだ群れていました。


今回はカメが多かった!
多い時は1ダイブで4匹登場!

一時いなくなったウシバナトビエイですが
復活の兆し!今月も楽しみです。

ちょっと素っ気なかったですが、
ドルフィンスイムも出来ました。
恐るべき台風のパワー!
こんな巨大な岩の位置が変わっていました。

明日からは海況も良さそう、
リピーターのゲストとマンツーマンで行ってきます。

気温30度 水温24〜26度 透明度10〜20m

2016年8月28日日曜日

8/22〜27

またまた台風です!
今月4個目、もういい加減勘弁してほしいですね〜

台風8号通過後の22〜24は21日が欠航になり、
居残りになってしまった方々と潜っていました。

南から東の風が強く、ポイントもかなり制限される状況、
水温も下がって23〜25度で、閂ロックのウシバナトビエイは何処かへ、
水温下がったせいかイソマグロの数は増えていました。
行ける場所も行き尽くして、最後は「タコ岩」へ、

ダイナミックな雰囲気ですが
当たり外れが大きいポイントなのです。

あまりに当たり外れが大きいので、敬遠しがちなポイントですが、
この日は上々!中層のクマザサハナムロ大群も綺麗にまとまり、
イソマグロ、カスミアジがかなり近くまで寄ってきてくれました。

24日はおがさわら丸到着、この便で欠航により
思いがけず滞在が長くなってしまったゲストがお帰りに、
みなさんどうもありがとうございました!

同時に新しいゲストが到着したものの、今度は台風10号が控える状況、
潜れるうちにと、到着日午後から飛ばして行きました。

ギンガメアジ
イソマグロ
閂ロックはウシバナトビエイはいなくなってしまいましたが、
イソマグロの数が増えて20〜30ほど、ギンガメアジもまだ多いです。



アジアコショウダイ
北一つ岩のアジアコショウダイ玉が見所に、潮が緩い時しかまとまりませんが、
これから10月頃まではいい被写体になってくれます。




前回良かった「タコ岩」に今回も、
クマザサハナムロの群れは前回以上に、イソマグロ、カスミアジに
カマスサワラ、ヒレナガカンパチまで登場!
いつもは敬遠しがちですが、ポイントが制限される中の救世主になってくれました。

イルカもミナミハンドウイルカとスイム、ハシナガイルカも見られました。

台風10号の予想進路により、29日東京発の欠航が決定、
同時に30日の父島発も欠航になるので、この便のゲストは一足早く帰る羽目に、
最終日の午前中はようやく落ち着いた東側の「ドブ磯」へ、
イソマグロ、ギンガメアジ、アオウミガメ、水面近くはコバンアジ大群、
滞在が短くなってしまったゲストもいましたが、
この3日間は父島周辺の主要ポイントは全て潜ることが出来ました。

27日の入出港日、来る予定のゲストは台風により全てキャンセルに、
帰るゲストの見送りで終了です。


みなさんどうもありがとうございました!

さて、本日夕方から台風が接近となります、
30日頃までは海に出られそうもありません。

気温30度 水温23〜27度 透明度20m

2016年8月21日日曜日

8/19、20 ウシバナトビエイ乱舞!

また台風接近の小笠原です、
21日入港便は欠航に、またしても新しいゲストが全てキャンセルに、
残念ですね〜、皆さん是非また計画して下さい。

本日は台風接近の為、海はクローズですが、
こちらは台風前に撮った動画、
閂ロックにウシバナトビエイが集まり始めました。






19日は30枚ほどでしたが、20日はざっと倍の数に、
このグループの他にも10枚ほどの別の群れがいましたので、
50〜70枚ほどに「なってました。
この時期からこれだけの数が見られるのは2011年以来のこと。
例年は10、11月位がピークです。

トビエイの数は年によっては全く集まらない時もありますが、
今年は久々の当たり年になりそうですね、今後に期待!

明日はなんとか海に出られそうです。

気温30度 水温26〜28度 透明度20〜30m

2016年8月19日金曜日

8/14〜17

台風7号に翻弄された数日でした!

14日におがさわら丸到着、この時点では16日に最接近の予報、
17日東京発の便も、ほぼ欠航ではないかとの予想、

15日は予報通り朝から雨、台風に備えてボートは養生へ、
まだ湾内は静かだったので、ゲストはビーチダイブへ、
透明度も良く、エダサンゴの群落を楽しんでもらいました。

その後はみんなで昼食、するとみるみるうちに晴れ間が、
午後からはすっかり晴天に、これから台風とは思えない様子、
そのまま山へドライブに行きました。

東側はウネリが入って真っ白に

16日は予報では台風最接近、のはずが朝から晴天、
海はうねりがあるものの、通常より少し悪い位で問題なし、
急遽ボートの養生を解除し、ゲストに連絡して海へ、
島影なら全く問題なく、透明度も良かったです。


ツバメウオの群れ、
スカシテンジクダイの群れも綺麗でした。

17日、やや風はあるものの、うねりはかなり落ちた様子、
行けるとこまで!と出港したら、なんとケータまで行けました!
ブンブン浅根&マグロ穴でダイビング



ブンブンは巨大なカメが3匹、コクテンカタギ&ムレハタタテダイ大群
マグロ穴のイソマグロはもう少なめで、内と外に10匹づつ、
合間にはドルフィンスイムも出来ました。

17日の東京出港が危ぶまれたおがさわら丸も無事出港、
18日帰りのゲストも無事帰路につくことが出来ました。

ドタバタしましたが、なんとか完全クローズにもならず、
まさかのケータまで行けて良かった!
みなさんありがとうございました!

さてさて、父島の周辺は熱低だらけになってきました、
これからどうなる!

気温30度 水温26〜28度 透明度20〜30m