2016年12月3日土曜日

11/30〜12/2

この3日間は、カメラ派の方とマンツーマン、
主にマクロを中心に、毎ダイブ1時間以上じっくり撮影会、




リクエストのシシマイギンポ、ニラミハナダイは何とかクリア、
他にアワイロコバンハゼ、ベニゴンベ、ヨコシマニセモチノウオ、イトヒキブダイ幼魚、
カレハスズメダイ、コビトスズメダイ等ご紹介、
ワイドに替えて狙ったウシバナトビエイは残念ながら外れてしまいましたが、
お一人だったので、小笠原ならではの魚達をじっくり楽しんでいただきました。

本日より12/12までショップの方はお休みとなります、
お問い合わせはメールのみの対応となりますので、よろしくお願いいたします。

気温25度 水温24度 透明度20m

2016年11月27日日曜日

11/24〜27

本土は雪も降ったこの4日間、小笠原は風ビュービュー!
ザトウクジラの目撃情報も日に日に多くなっています。

トビエイのシーズンもあとわずか、今回もリクストをいただいていますが、
24、25は潮も海況も合わずに断念、
群れをじっくり撮影出来る場所へ、






写真のマダラエイ、ネムリブカにアオウミガメ、イソマグロ、ヒレナガカンパチ、
アジアコショウダイとヨスジフエダイの塊も見事でした。

合間にはハシナガイルカも



西側のうねりが落ち着いた26日にやっと閂ロックへ、
トビエイは15枚ほど


マダラトビエイも5、6枚、オグロオトメエイとエイ3種類、
イソマグロにギンガメアジも見られました。

この日は小港海岸の沖で3頭のミナミハンドウイルカにも、
かなり泳ぐスピードが速かったのですが、1回スイムが出来ました。

27日はひょうたん島の北側の静かな場所で2頭のザトウクジラが、
やっと静かな海況で落ち着いてウォッチング出来ました〜、
11月にしては目撃回数も多いですね、今年は冬の訪れも早いようです。

気温26度 水温23〜24度 透明度20m

2016年11月21日月曜日

11/17〜20

小笠原にも冬の足音が、
ザトウクジラを父島周辺で初確認です。

17、18は久しぶりの方と体験ダイビングの方々、
風が強かったこともあって、島影のポイント中心に潜っていました。
そんな中、ザトウクジラ発見の連絡が!
17日は発見場所が遠すぎて断念、
18日はなんとか間に合うと判断し、急いで向かうも海況悪し、
これはダメだと引き返そうとしたその時、遠くの波間で巨体がジャンプ!
写真に撮れる状況ではありませんでしたが、確かに確認出来ました。

クジラのシーズンもいよいよですよ〜

2017年ダイビング&ザトウクジラウォッチングツアー

イルカは17日は会えましたが、18日は残念ながら会えませんでした。

20日はいい凪に、上級者が揃って群れ&大物狙いへ、

関ロックのウシバナトビエイは15枚ほど、
そろそろ終盤で数は少なくなってきましたが、
最近は確率が安定してきました。






北一つ岩はカメが多かった〜!1ダイブで5、6匹登場してくれました。
アジアコショウダイの群れもいい感じです。

水温、透明度が下がり気味ですが、ザトウ発見は嬉しい!
近日中にはシーズン初ショットを撮りたいですね。

気温28度 水温24度 透明度15〜20m

2016年11月12日土曜日

11/9〜12

熱低、台風と続きましたが、9日は無事おがさわら丸入港、
この4日間はほとんどがワイド派のリピーター、
魚群と大物狙いの4日間。




トビエイ狙いの閂ロックはこの4日間で3回、
群れは1回のみでしたが、20枚位をゆっくり撮影、
マダラトビエイ、ギンガメアジ、イソマグロ、アオウミガメ等、
他の面子は毎回楽しませてくれました。

北一つ岩、ブンジロウ浅根では根魚をじっくり、




中層のミナミイスズミの群れも凄かった、
ブンジロウ浅根ではユウゼン玉も見られました。

イルカはハンドウ、ハシナガ共に出会え、スイムも出来ました。

10日はうねりが入り、海況が悪くなりましたがその他の日は概ね良好、
トビエイの群れもまだまだ見られていますよ。

気温28度 水温25度 透明度20m

2016年11月6日日曜日

11/2〜5

この4日間は毎年常連のゲストばかりでリピーター率100%!
しかし、南から来る熱低&台風の影響で
今回は強風&土砂降りの雨にやられてしまいました。

到着日の午後はまだ穏やか、
アオウミガメ、ウメイロモドキ群れ、アジアコショウダイ群れ等、
根魚の群れが多いポイントで楽しんでもらいました。

ミナミイスズミ

アジアコショウダイ


残念ながら穏やかだったのはこの日の午後のみ、
翌日からは強風&土砂降り!島影を選んでのダイビングとなりました。
ハダカハオコゼ

スカシテンジクダイ

ノコギリダイ&アカヒメジ

ハタタテハゼ
この時期は一年で一番数が多いです。

クマノミの幼魚
親は黒ですが、幼魚の頃はオレンジ色です。

リクエストの閂ロックはなんとか一本だけ、
トビエイ10枚確認出来ましたが、距離があってゲストは見られず、
常連さんばかりでしたので、他にもあれこれやりたい事があったのですが、
海況には勝てずに残念!
それでもダイビングは中止にならず、透明度も良い所は30m以上と、
出来る範囲で4日間楽しんでいただけました。

9月、10月と台風の影響もほとんどありませんでしたが、
明日、明後日は遂に中止となりそうです。

気温28度 水温25〜26度 透明度20〜30m

2016年10月30日日曜日

10/27〜30

引き続き透明度抜群!海も凪でした。

リクエストのウシバナトビエイ狙い、
10枚と少なめでしたが、ちょうど潮止まりで動きもゆっくり、
透明度も40mと抜群!

ギンガメアジにイソマグロも見られました。

ブンジロウ浅根ではユウゼン玉、
トビエイと併せて動画でどうぞ、




北一つ岩ではウケグチイットウダイの絨毯にアジアコショウダイ玉、





29日は1ダイブ目の霊岸でエキジット中にイルカ2頭登場!
まだ水中にいた方はそのままスクーバで、
ボートに上がっていた方はタンクを下すなり即ドルフィンスイムヘ




ゆっくりした動きの2頭がしばらく遊んでくれました。

透明度、海況共に良く、トビエイ、ユウゼン玉、イルカ等、
秋の海を満喫出来ました。

気温28度 水温26〜28度 透明度20〜40m

2016年10月23日日曜日

10/21〜22

この2日間はダイビング&イルカ、クジラのチャーター。

21日は台風のうねりが届いて岸近くはうねりと濁りが、
影響の少ない場所を探して午前中に2ダイブ、
皆さん初めての小笠原なので、まずはユウゼン、アカイセエビ等の固有種、
アカヒメジ&ノコギリダイ等の定番の根魚の群れを楽しんでもらい、
昼食後に沖合いのマッコウクジラの海域へ、
沖へ出てみれば風もなくベタ凪状態!マッコウもすぐに発見。



最初の一頭が見つかるとその後は次々と、
ボート近くでゴロゴロする子クジラ、3頭の群れ等、




この日は5頭のマッコウクジラに会うことが出来ました。
イルカは残念ながら発見出来ず。

22日は出港後すぐに二見港湾内でハシナガイルカ、





1ダイブ終了後は、西島南でミナミハンドウイルカ発見、ドルフィンスイムヘ

撮影:谷本さん(REI DIVING CLUB)
西島の岸沿いに7、8頭がゆっくり移動、
30分ほど一緒にスイムが出来ました。

2日間とも天気、海況とも良く、ダイビングにマッコウクジラ、
ハシナガイルカ、ミナミハンドウイルカの3種類に会うことが出来ました。
REI DIVING CLUBさんどうもありがとうございました!

気温30度 水温26〜28度 透明度20〜30m