2017年11月18日土曜日

やっとトビエイの群れ!

一層風が強くなり、ダイビング中止の日も出て来ました。

14、15日は豪華客船「飛鳥Ⅱ」が父島へ、
ところが14日は強風で二見湾には入れないため、
これに乗船して来たゲストは上陸出来ずに中止に、
ダイビングは15日2ダイブのみになってしまいました。






マダラエイ、マダラトビエイ、ギンガメアジ、アオウミガメ等、
合間にハシナガイルカの群れも見られて、
一日のみになってしまいましたが、小笠原らしさを楽しんで頂きました。

本日は午後から風が強くなって来る予報、
午前中なら何とかなりそう、と閂ロックヘ、
やっとウシバナトビエイの群れ確認出来ました!






今年はマダラトビエイは見られているものの、ウシバナはほとんど不発、
例年より数はかなり少ないですが、やっと秋らしい光景が見られました。

これから前線通過で海は悪くなりそう、
明日は中止になりました。

気温26度 水温25度 透明度20〜30m

2017年11月12日日曜日

11/9〜12

風が強い日が多くなってきました、
それでも水温はまだ25度、水中はまだまだ快適です。


閂ロックのウシバナトビエイは今年は今ひとつ、
マダラトビエイは5〜10枚位が、ほぼ毎回見られています、
12日はマダラエイが群れで見られました。






10日は久しぶりによく絡むミナミハンドウイルカに会えました。




11日は湾内でハシナガイルカの群れ



秋ならではの魚影の濃さは健在!
アオウミガメにも毎回会えました。






そろそろザトウクジラの第一報が入りそうな時期ですね

気温27度 水温25度 透明度20m

2017年11月4日土曜日

11/1〜11/4 

先月下旬からの台風2連発で久しぶり更新となってしまいました、
何とツアーで海に出るのも10日振りです!

ところが11/1入港日はかなりの強風でおがさわら丸も一時間遅れ、
兄島、滝ノ浦湾内で2ダイブ、日も短いので、帰港時は日没になってしまいました。

翌日も強風、雨も降ってきたのでまた滝の浦でとりあえず1ダイブ、
その後にイルカでも探しに、と思っていたら物凄い土砂降りに、おまけに雷も!
この状態では湾内から全く動けず、ボート上より海中の方がまだマシということで、
もう1ダイブも滝ノ浦湾内の別のポイントで。
他のボートも次々に避難して来ました。

強風、土砂降り、雷、いやはや大変な2日間でした。


3日からは風も止んで晴れ間も、仕切り直してスタート、






東側はまだ荒れていますが、西側は概ね穏やか、
閂ロックへも2回エントリー、ウシバナトビエイの群れは見られませんでしたが、
マダラトビエイ、ギンガメアジ、イソマグロなど、いつもの面子は見られました。

イルカはミナミハンドウ、ハシナガ共に、
ハシナガはハートロックをバックにジャンプ!




ミナミハンドウとはスイムも出来ました。




一時はどうなることかと思いましたが、
何とかダイビングもイルカも楽しめました、
こんな状況の中でも、ゲストの方々は全員フルダイブ参加!
ありがとうございました!

気温28度 水温24〜26度 透明度15〜20m

2017年10月22日日曜日

10/19〜21 台風の影響が!

今年の秋は海況が良い方に安定していましたが、遂に台風の影響が!

19日入港のおがさわら丸はかなり遅れて13:30入港、
まだ海は穏やかで、到着のゲストも1ダイブ出来ました。

うねりが入り始めた20日、それでも晴天で、まだ穏やかな場所も、
ハシナガイルカの群れものんびり楽しめました。




ところが見る見るうちにうねりが巨大に、南方面のポイントはお昼には全滅、
おがさわら丸父島出港一日繰り上げの連絡も入って来ました。

ダイビングは島影の魚影の濃いポイントを中心で、







21日は更にうねりが巨大化!しかしゲストは滞在が短くなってしまったので
潜れるチャンスはこれが最後、頑張って出港!
濁りとうねりでポイント選びに苦労しましたが、
出港前になんとか無事2ダイブ終えることが出来ました。

9月頭以降順調にガイド出来ていましたが、今回は残念、
皆さんまた機会が出来ましたら是非お越しください。

小笠原は台風のコースからは外れていますが、それでも凄い風とうねり、
本土の皆さん充分注意して下さい!

気温29度 水温25度 透明度10〜20m

2017年10月16日月曜日

10/12〜15

水温、透明度共に高く、良好な海況が続いています。

閂ロックは透明度30m以上!2回入りました、
ウシバナトビエイの群れは見られませんでしたが、
ギンガメアジ、イソマグロ、マダラエイ、マダラトビエイ等、





アオウミガメもほぼ毎回登場



イルカはミナミハンドウ、ハシナガ共に会え、
スイムも出来ました。





シロワニもまだ湾内に居てくれました。




クリアで暖かい秋の小笠原を満喫中です!

気温30度 水温27度 透明度20〜30m

2017年10月10日火曜日

湾内シロワニ好調です。

おがさわら丸出港後でゲストはいませんが、
湾内のシロワニがいい感じなので、2日間撮影してきました。

シロワニのベストシーズンは12〜2月頃で、
二見湾内の沈船や弟島、鹿浜等のポイントでよく見られますが、
去年あたりから、9、10月頃にも二見湾内で見られることが多くなってきました。
この写真は10/9、10に撮影したものです。






現在は3、4匹のメスが見られています。

12月頃からは、メスの周囲に数匹のオスがいるという光景が多いのですが、
今はメスのみで、お腹がかなり大きくなっている個体もいます。
動きはゆっくりで、驚かさないように注意深く近寄れば、
目の前で撮影することが出来ます。

やや深い(-25〜30m)のと、湾内の奥で透明度が悪いのが難点ですが、
風の影響もほとんど受けない場所ですので、
今月は引き続き観察して行きますよ。

2017年10月8日日曜日

10/5〜8

天気は良かったものの、東風が強い!
西側の島影中心に潜っていました。

大潮周りで潮がどこも速く、かなりポイントも限られてしまいましたが、
透明度も良く、ウメイロモドキ&クマザサハナムロの群れが凄かった!




巨大なオオモンカエルアンコウが見られました


ネムリブカが多く、ほぼ毎回見られました。



イルカは2日間、ミナミハンドウ、ハシナガ共に会え、
スイムも出来ました。





最終日午前中はマンツーマンで、
アオウミガメに湾内シロワニ



湾内のシロワニは最近安定して見られていますよ!

気温30度 水温25〜27度 透明度20m